2度目の高松 (1/3)

また高松に行ってきました。
で、またうどん食べてきました。

まずは、水曜どうでしょうでも度々取り上げられている山田家さんの支店へ。(どうでしょうは本店)

 

【 うどん本陣 山田家 (支店) 】 高松市郊外

看板メニューのひとつ「釜ぶっかけうどん(卵あり)」を注文。釜あげ麺に熱いダシで頂くうどんは、けっこう食べごたえあり。ウマイです。

その後、近所のコンビにで入手した「さぬきうどん全店制覇攻略本2009」と持参した「麺通団のさぬきうどんのめぐり方」を頼りに、ホテルの近くで夜でも開いてる店を2店。

 

【 こんぴらうどん 】 高松市街
「しゃぶしゃぶ肉うどん」を頂きました。かけうどんにしゃぶしゃぶの肉が普通に乗ってます。細切り麺でスルスルいける。太さは氷見うどん位かな。氷見うどんよりモチッとしてます。次回は是非ざるで頂きたい。繁華街の立地のため、店内は居酒屋のような賑やかさ。お客さんも顔見知りが多いよう。

 

【 鶴丸 】 高松市街
「カレーうどん」。小ぶりの丼に盛られたそれは、手切りで不揃いなモチモチのうどんに濃厚なカレーが絡み付いて絶妙の美味さ。自分の中のカレーうどんランキング堂々の1位に輝きました。(ちなみに今までの1位は「マルちゃん カレーうどん(インスタント)」笑)
讃岐うどんというと「かけうどん」や「ぶっかけ」のイメージがあるけれど、讃岐の「カレーうどん」はスゴイですよ。 店内は子供が遊んでたりして超アットホームな雰囲気。深夜4:00までの営業なので、高松にお泊りの際は是非。

 

さぬきうどん全店制覇攻略本2009年度版
700店以上掲載で、巻頭に地図もあり使い勝手よし。うどん店探しの強力アイテム。

野口 悠紀雄 『超「超」整理法』
「さぬきうどん」とは?から始まる入門書。さぬきうどんを取り巻く環境と麺通団の雰囲気が分か(った気にな)る一冊。

 

→ 2度目の高松 (2/3) へつづく

2度目の高松 (3/3)

Leave a Reply